ハードワックス ハニー で ヒゲ脱毛


ハードワックス ハニー は、当店の ハードワックス の中で毛を掴む力が最も強いため、 太い毛 や ヒゲ の 脱毛 に オススメ です。

ヒゲ脱毛に!ベレーザ・ブラジルの「ハードワックスハニー」


高品質のカナダ産になり、更に使いやすくなりました!

HardHoney500


HardHoney0

簡単に割れます


準備するもの

1、ハードワックス(ハニー)
2、ヘラ
3、小鍋
あれば…
4、プレローション
5、プレアフターオイル
6、コットン
7、ベビーパウダー

ヒゲは短い方が痛みが少なく脱毛できます。目安の長さは2mm程度で3mmだと長過ぎます。下の写真では、痛みの度合いを表しています。痛みの少ないもみあげの横辺りから脱毛していきましょう。



ハードワックスの適温は40度前後ですが、事前に完全に溶かす必要があります。サラサラに溶けたワックスの温度は70度前後あります。少し待って冷やして40度前後に温度を下げて使用します。

ワックスをヘラに取って持ち上げた際に落ちたワックスの形が写真のように消えなくなったら適温ですが、必ず、手首の内側に少しだけワックスを乗せて温度チェックをして下さい。火傷には充分気をつけましょう!


脱毛箇所が湿っていたり油分が多いとヒゲにワックスが絡みません。あれば「プレローション」をコットンに取り脱毛予定箇所の汚れを拭き取ります。なければキッチンペーパーを湿らせて代用します。拭き取った後は、しっかり乾かします。そして、あればベビーパウダーを薄く乗せ、肌を保護します。


プレローション


顔の中心に行くほど痛みが強くなるので、もみあげの近くから始めます。いっきに広範囲を脱毛することはできません。1.52cm大を目安にワックスを塗ります。その際、ヘラを持っていない手で肌をよく伸ばしてください。

気流れに逆らってワックスを塗って、気流れを戻すようにヘラを塗り始めの位置に戻すことで毛をワックスでサンドイッチにします。肌を伸ばしている手は、ワックスがある程度固まって触っても手につかなくなるまでそのままです。

ヒゲがあまり濃くない場合は、ワックスが手に付かなくなったら剥がすことで脱毛できますが、ヒゲが太い場合は、ワックスをできるだけ硬くして剥がします。この時、ワックスが割れる場合もありますが、問題ありません。剥がし取る感じで毛に絡まったワックスを取ります。

固まったワックスは、ヒゲの毛流れと逆方向に剥がすことで、毛が抜けやすくなります。その時、もう一方の手で皮膚をしっかりと抑えて肌が伸びないようにすると痛みが軽減されます。また、躊躇せず勢いよく剥がすことでも痛みが軽減されます。


ワックスがしっかり固まるのを待つ間、他の場所にも塗布して効率的に脱毛しましょう。その際、既に塗っているワックスとつながらないように、下の写真のように、1、2、3と痛くない場所から塗ります。右の頬、左の頬と交互に塗って脱毛すると痛みを拡散できます。


根本から脱毛されたヒゲ




脱毛後、ワックスが肌に残ってなかなか取れない場合は、爪で引っ掻いたりせず「プレアフターオイル」を使用して拭き取りましょう。

ワックス脱毛後の肌は乾燥しています。「リフレッシュボディジェル」や「プレアフターローション」を使用することで毛穴を引き締めてバイ菌の侵入を防ぎ、熱った肌に潤いを与えます。ニキビ症の方はアクネ菌によく効く「ティーツリーオイル」配分の「プレアフターローション」をお勧めします。赤みを早く引かせたい方は「リフレッシュボディジェル」が効果的です。熱った肌にたっぷり塗布して下さい。





ハードワックス(ハニー)

 51A1569









Beleza Brasil ベレーザ・ブラジル 2019